読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯛めしのお釜

ウェブに関する技術的なメモを書いていきます。

読了「食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門」

インフラ プログラミング 読書感想

先日から Railsチュートリアルに取り組んでいるが、後半に差し掛かり徐々にセキュリティなど一歩掘り下げた話が目立つようになってきた。私にとって苦手意識の強い分野である。

こういう時は作業の手を止めてでもしっかり本を読んで知識を得るのが何だかんだ学習効果が一番上がりやすいと信じて、そういった関係の本を並行して読むことにした。今回はこちらの本。

食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門

食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門

 

 

---

どうしてこの本を読もうと思ったかというと、Kindle Unlimited で探していたらたまたま出逢ったから。

いざ読んでみると、SSL とは?といったところがとても穏やかな文章で書かれており、技術に対する著者のリスペクトの姿勢を感じることもでき、めちゃくちゃ良かった。これは良書だと感じ、一気に読み終えた(分量もちょうどよかった)。

本書は主に次のような点について解説されている。

  • SSL の歴史
  • 共通/公開鍵暗号方式の仕組み(図で描かれている)
  • CentOS6 上での環境構築の概要

特に SSL の歴史については、簡潔ながらも丁寧に Netscape 社について触れられており、「HARD THINGS」を改めて読み返したいという気持ちにまでなった(HARD THINGS の著者は元 Netscape メンバーであり、下記本の中でブラウザ開発や Microsoft 社との攻防について触れている)。

HARD THINGS

HARD THINGS

 

こういった私個人の読書背景も合わさって、SSL という偉大な技術の恩恵をきちんと受けて活かしていきたいなという真摯な気持ちで冒頭の本を読了した。